FXで投資する面白みは単独の投資商品であるが投資期間を「短期」「中期」「長期」の3つの中からどの期間を選択するかということによって資金を費やすやり方が大きく変わってくる点にあると言います。

まず外貨に対して投入する「長期スタンス」について考えましょう。

長期のスタンスというものは一年以上の長期出資を基準にしています。

まず為替レートにおいては、一年以上も後の為替の相場がが円高になっているだろうか、ないし円安だろうかを考えるのはたいてい無理です。

実際のところ「先のことは予言できない」と考えるのが実際のところなのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

考えられないことを懸命に考えようにも、それは無茶苦茶なものです。

そういったことから他の貨幣を買ったとして、買った時の買いレートよりも円高だとしても、そのマイナス分は待っていれば返ってくるだろうという程度のイメージで売り買いに挑むのがベストです。

為替の利益を無理に目指すというよりも他の儲け、要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるのを、まず最初の目当てにしてやりましょう。

当然のことながら、少しの期間で差損に損失がひどく膨らむこともあります。

FXは、為替差損が一定金額よりも大きく大きくなると追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったりストップロス(ロスカット)がかかったりします。

ストップロス(ロスカット)になってしまったら、そこでやり取りを打ち切りせざるを得なくなり長期の投資がダメになります。

この例のようなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍あたりで売り買いする方が良いでしょう。

今度は中期の投資での売買です。

中期の投資のケースでは2ヶ月位経った頃を見越しての売買をします。

為替売買の場合は、およそ1ヶ月先のことはだいたいの場合予測できると言われます。

G7などの公式の議会の議題や為替市場に参加している人たちがどんなポイントに興味を持っているかを考えれば、ほとんどの場合先読みできるのです。

こうしたファンダメンタルズを見る一方でチャートを参照することで為替の動きを把握し買いポジションか売りポジションかをジャッジするといいでしょう。

基本的に経済情勢とジャッジの両方で良い感じであり、あるいは買い傾向が同じであればほとんどの場合その様に動くと思って良いのです。

その時は持ち高を増やしておく事でもっと大きな儲けを受け取れるのはほぼ確実です。

第三に短期の要点。

ここでの短期のトレードは、すなわちデイトレードのことを示しています。

為替でデイトレードを行う場合は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絶対に影響しないと断言します。

というのは翌日の為替の相場の動向に、ファンダメンタルズは影響しないからです。

この時重要ポイントは注目される催しがある場合それが影響して相場がかなり動くタイミングを逃さないようトレードしましょう。

例を挙げると、アメリカ合衆国にて雇用統計が提示される、ないしは金融会議などにより制作金利が変化するほどのこと。

こういうチャンスに変わり様を逃さないという理由から、短期のトレードでは高度な要素が求められる。