よくあるはじめたばかりの人向けのFX投資の雑誌では、「マイナスになった場面ではナンピン買いを入れることによって、平均の買い付け価格を抑える事ができる」等と記述されていたりする事もありますが、正直ここには相当の危険性が待っています。リネットプレミアム会員

はじめに、ナンピンの理屈について説明します。DUOクレンジングバーム 口コミ

仮定として100円で1ドルを買ったとします。変わらない気持ち

ドル買いですから、ドル高に向うほど黒字が出るわけだが、運悪く1ドル95円までドル安方向に進んだとします。クレジットカード 残高不足

その場面で所有し続けたら損失が戻るためには損失分、円安ドル高が進まなければなりません。美容 外科 面接

投資家であれば、損はなるべく早く戻したいと考えるでしょう。爪水虫治療のクリアネイルはこちら

これを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ分の$(ドル)を買い増しする。ハッピーメールで息抜き

すると、全体の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。相続人

言い換えると、半分の幅で円安に推移すれば、損を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンの原理です。

こういうふうに、ナンピンのやり方を耳にすると「その通り」と思ったりするが外国為替市場はそう簡単には問屋を卸してくれない。

もとより、95円が底値だということなど、誰にも想像できません。

たとえば、為替相場がかなりの円高の流れであるならば95円では下げ止まることなくさらに円高ドル安が加速する危険性がある。

一例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル95円まで円高に向ったら、ナンピンしたポジションについても損失が生じます。

この状況では、最初に売買したドルとあわせて、為替差損が生まれます。

このように、ナンピン買いはややこしいです。

それでは、マーケットがあなたのシナリオとは別の方向にさっさと進んだ場合、どういう対応で危機の確率を管理すればいいのでしょうか。

ここで選択する道は限られています。

まずひとつめは観念して、損切りをすること。

もうひとつの手段としてはその時点で、保有している買いポジションを小さくする事によって改めて為替がリカバリするのを何もしないで待ち望む事だけです。

だいぶ主体性のない手段だとおっしゃる投資家もいます。

しかし、自分の持っている買いポジションに損失が生まれた時、一番効果のある方法はそれ以外にはあるはずがありません。

なるほど、理論としてはナンピン買いという手法も有効です。

だがしかしナンピン買いは、あなたが損をしている状態で買いポジションを減らすどころか反対に買いポジションを積んでいく考え方です。

この考え方では、危険性を避けることなど、どう考えても無謀だ察するべきです。

ナンピンを続けられればいずれは儲けが出るかもしれません。

だけど、その前にお金がマイナスになってしまいます。