酵素は人間の生命活動に欠かせない大切なものらしいのですが、我々の体内にある酵素の量は20歳をピークに減少し始め、40歳を過ぎるころには殆どの人が不足状態になるそうです。

日本の昔ながらの食事には酵素が含まれている食材が多く自然に摂取出来ていたようですが、最近は食事も欧米化していて酵素の摂取が難しくなっているとのことです。

酵素は熱に弱いため加熱された食事ばかりでは摂取できず、手軽さからレトルト食品に頼ってしまうことも多いのですが、それでは酵素は不足したままになってしまいます。

酵素を積極的に摂取するためには加熱しない食事が有効です。

生野菜や納豆、漬物、お刺身、とろろ、大根おろしなどを毎日の食事に取り入れたいものです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

贅沢で高価な食事では無く、日本古来の素朴な食事ですね。

やはり日本食は身体にいいものが多いということです。

健康志向が高まっている昨今、酵素を上手に取り入れる食事を考えて、現代人も和食の良さを再認識しないといけませんね。