民事再生という選択肢は住宅ローンを含め複数ある債務に苦しむ方を救済するためにマンションを維持しつつ金銭管理の面で立ち直るために法的な機関による方法として利用できるようになった選択肢です。

民事再生という制度には、自己破産制度とは異なり免責不許可となる要素がありませんので、散財などで借りたようなときでも手続きはOKですし破産手続きが理由で業務禁止になるポストで給与を得ている場合等でも手続きは可能です。

破産の場合には住宅を手元に残すことは考えられませんし、特定調停等では、元金自体は完済していくことが必要ですので、マンション等のローンを含めて支払うのは難しいでしょう。

でも、民事再生という手続きを採用することができれば、住宅ローンを除いた借金額はけっこうなお金を減ずることができますので、住宅ローンを払いつつそのほかの負債を支払っていくことが可能ということになります。

でも、民事再生という方法は任意整理による手続きや特定調停と異なってある部分のみの負債だけを除き処理していくことは許されませんし破産申告の際のように元金自体が消滅するということではありません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

また、他の選択肢と比べても処理が煩雑で時間が必要ですので、住宅ローンなどを組んでいて住んでいる家を維持したい場合などを除外して破産等それ以外の解決策がない時だけの最後に考える処理としておいた方がいいでしょう。