自動車の事故に巻き込まれた状態で自らが自動車事故の被害者であるにもかかわらず、事故を起こした相手がミスを一切納得しないという事例はたくさん存在します。

例をあげれば、わざと起こってしまったのではなく少し他のことに気がいったことで追突した場面などにこういう言い合いに結果なってしまう危険性があるのです。

そうであってもその場所で車だけの物損され、忘れた頃に体の変調が現れた時に、診てもらった病院の証拠書類を警察に出すのでは対応が遅れるとなるのは仕方がなくなります。

それでは、車での事故の過失割合の決定には何らかの判断基準が設定されているのでしょうか。

正しく申しますと警察が判断するのは核として車での事故の責任が認められるのはどちらのドライバーかという事柄でありどちらに何割過失があるのかというわけではないのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

さらに、決められた事故の責任者が警察署からはっきりする事は事態は考えられません。

よって、過失割合は事故に関わった人たちの相談により決定されたこれが損害賠償の算定の根拠となる訳です。

この場合、当事者同士が任意の保険に未加入の時には、両者がダイレクトにやり取りすることしかできません。

しかしながら、当然の事ですがこういうやり方では、感情に走った口論になる時があります。

そこで多くの場合各々のドライバーについている自動車の保険会社、そういった各々の自動車の保険の会社に調整を任せる対応を利用して、正しい「過失割合」を理性的に決定させるのです。

そのような時、自動車の保険会社は、前の事故の係争の結果から決定した元となるもの、判例集などをたたき台として推計と協議を行って「過失割合」を出します。

そうは言っても、車の事故の場合では、不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかに関わらず、真っ先に警察に連絡するのが鉄則です。

その上で、自動車保険会社に連絡を取り、これからの調整を委任するのが順番となります。

正しい順番さえ理解していれば、互いの不毛な交渉となる事を回避できます。