自動車での事故発生した状況で自分自身が事故の被害者のケースでも、事故を起こした人が間違いを全く納得しないという事例は多数みられます。

一例として、故意に起したのではなく注意不足で相手の車を追突した時に、こういう水掛け論につながってしまう状況がありえます。

例えそうであっても事故現場で自動車だけの交通事故対応されて数ヵ月後に体の変調が現れた時に診断書を警察署に出すということは遅れを取る事は仕方がなくなります。

では事故の過失割合の結論にはどんな風な目処が設けられているのでしょうか。

しっかりと申しますと、警察署が決めるのは核として車での事故の大きな手落ちが考えられるのはどちらかという事でありどちらに何割過失があるのかではないのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

さらに、明確にされた事故責任者が知らされる事はないです。

よって、過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの相談によって決定されこれが事故の賠償の算定基準と判断されます。

この時、関係者全員が任意に加入する自動車保険に未加入の場合には、互いが真正面から話し合いを余儀なくされます。

だけど、当然の事ですがそういった交渉では、感情に走った口論になるケースがあります。

そのため多くの状況で、事故に関係する人についている保険の会社、こういった互いの自動車の保険屋さんに話し合いを委ねる手法を利用して、適切な過失割合を落ち着いて確定させるのです。

この際には保険会社はそれまでに起こった事故の裁判が行われ、出た判定から算出した認定基準、判例集を基に推測と協議によって過失割合を出します。

そうであっても交通事故においては、遭遇したのか起こしてしまったのかには関係なく、まず最初に警察に連絡するのが原則です。

その上で、自動車の保険の会社にやり取りして、以後のやり取りをお願いするのが手順になります。

この仕組みさえ理解しておれば、それぞれの不毛な議論となる場合を回避できるに違いありません。