渡されたレシートの所持する必要性はある。

答えをはじめに述べると保持することは特段あるわけではありません。

人によれば所持することが自分が会計した内容を残しておきたいと考える際には保管しておけばよいことですし、逆に言うとそういうもの必要ないのであればとっておく必要はないでしょう。

とはいえ月々送付されてくる使用履歴との照らし合わせ作業をする時には例外なくこれらのレシートが必要となります。

明細レシートをそれまでは最低限キープしていなければどのショップで何月何日どのくらいの金額を利用したか?ということについて明確でなくなってしまうだけでは済まず、誤請求であったり重複等の照らし合わせさえも不可能になってしまうため気をつけなければなりません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

おそらくクレジットカードを利用した内容は明細レシートを持っていないと覚えていることはできません。

理想的には明細書類が手元に届く1ヶ月か2ヶ月くらいは、厳重にレシートを所持して欲しい。

クレジットカードの明細レシート廃棄の手段>クレカのレシート廃棄の方法は至って簡単なのです。

不正な使用をされないよう、小さく切って廃棄するだけで問題ない。

なんと言っても利用を証する利用レシートであるためカードNoなど個人情報を特定できることがたくさん入っています。

普通の利用レシートとは思わず慎重に実施して欲しいです。

今は予防のためクレジットNoといった機密情報が書かれていない場合も出ているが、信じ過ぎることは禁物であると思います。