現実にPCの前に座って休むことなく上下動している市場をご覧になっているとどことなくトレードをせずにはいられなくなるという欲求に煽られる場面も多かったりします。

しかしながら、なんとなく衝動で売り買いをするのだけは、間違ってもしてはいけません事実、市場は1日中常時どこかの国の為替市場が変化しているし市場も常時変化しています。

とは言っても、闇雲に売り買いをするとその分損をする率が増します。

もちろん、売り買いの数を増やすことによって、じょじょに利益を上げられる確率か50%、50%になるのは事実です。

しかし「はっきりしない感覚で売り買い」とは話が違います。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

売買回数を増やす事の意味は、「ここはいける」と感じた確信を得られた状況での売り買いの回数を積み重ねるという意味である。

格段の理由がなく、ひっきりなしに取引を繰り返すのとは明確に違う。

市場の勝負に勝利するためには意識的に緩急をつけることこそが大切です。

「ここは勝てる」とよく考えたマーケットの時には、いっそのこと持っているポジションを増やして、意識して儲けを追求します。

それぐらいのメリハリをつける方が、エントリーは儲けられます。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

本当にその通り。

為替取引とはいつも売買ポジションを所有する事がすべてではなくどれも持たないでじっと見ていることも事態によっては、FXです。

それでは、どのタイミングで休めばよいのだろうか。

最初に言われるのが前述したように、これから先の外国為替相場が判断できない時です。

ここからドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は何も考えず行動すると、自身の思い描いた台本とは違った方向に外国為替市場が変動してしまい損してしまいます。

そんなケースではポジションを0にして黙ってみているだけが唯一出来る事です。

第2に、あなた自身の体の調子がよくない時です。

体の状態と外国為替市場に関係性はないと思う方もいると思いますが実は関係あります。

体の具合がすぐれなければ為替相場の重要なところで、冷静な決定ができません。

興味がわかない時はトレードから離れてみるのも重要な事です。