大多数の車の保険の会社は丁寧と宣伝を行っていますが車の事故にあったときに本当にちゃんと取り扱ってくれるか心配ですよね。取り立ててネットで加入する事が出来るダイレクト自動車保険と名付けられた実際のお店を所有していない自動車の保険会社では顔が見えないことも心配の材料となってしまうのではないでしょうか。しかしながら、ダイレクト自動車保険と現実にある店を持つ自動車保険会社の取り組みに取り立てて大きな差はございませんしダイレクト系自動車保険のほうが必要経費が削減できる分掛金が低いので車の事故が起きなければ保険料を低くすることができるのです。では、自動車保険会社の違いによって対応力に優劣がでるかといえばノーではありません。その差異は店舗型、ダイレクト型という差異ではなく、各保険屋さんごとに事故処置をしてくれる時間や日にちがちがうことによります。交通事故はどんな場合で遭遇するか当てることはできませんので、対応は24時間365日対応してくれるところは欠かす事のできない条件でかつ祝日や朝早くに起こってしまった事故の対応がきちんとしているかを知っておくことをお勧めします。保険によっては、四六時中受付と言っていても対応時間が平日と異なっていて短縮されている保険会社もあったりしますので確認が大切です。それとは別に万一に備えて自動車の保険の会社の拠点もちゃんと確かめておくことも大事です。どのような自動車保険会社でも事故処理拠点が遠くにしかなければ事故の対応に時間がかかってしまうこともあったりしますので、自宅近くに事故対応拠点があるかどうかも事故の対応の差を検討するものさしのひとつです。ある程度の大きさの自動車の保険の会社は区域ごとに処理拠点を持っていることもありますので事故が起きたときの対応も満足できその場で行う事故対応にも的確に話ををしてくれると高く評価されています。